気になる探偵の費用について

確実に浮気や不倫の証拠を押さえるならば、探偵や興信所が優れているのは言うまでもありません。
しかしそれでも自己調査を選択する人が少なくないのは、探偵や興信所に依頼をすると費用が高くつくのでは、と考えている人が多いからです。
実際のところ、探偵や興信所に浮気調査を依頼すると、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
まずは実際の探偵事務所を参考に見てみましょう。
なお、ここで紹介した料金はあくまでも一例であり、実際とは異なる場合もあることを強調しておきます。

■原一探偵事務所の場合
テレビの人探し番組などで耳にしたことのある人も多い「原一探偵事務所」ですが、人探しだけではなく浮気や不倫の調査ももちろんしてくれます。
原一探偵事務所は調査実績40年以上ともなる、この業界では老舗と言える事務所です。
この探偵事務所では、1日あたり12万円というなかなかの高額な費用でしたが、ここには基本料金と調査料金がすべて含まれていますので、後々の追加費用を少なく抑えたい方にはいいかもしれません。

■ハル探偵社・HALの場合
「ハル探偵社・HAL」は調査成功率99.8%という高い成功率が自慢の探偵事務所です。
こちらでは前述の原一探偵事務所とは異なり、細かい料金設定となっております。
調査員1名1時間で6000円という料金設定となっており、一見安いように思えますが、調査員1名ですとうまくいく可能性はさほど高くなく、複数の調査員を利用すると2倍、3倍と料金が膨れ上がります。
また、浮気や不倫調査は時間が読みにくいため、長期間の調査になると費用はやはりかさみます。
結果的には10万円以上かかるケースも多いです。
ある程度ターゲットの行動パターンが決まっているのであれば、有効かもしれませんね。

■浮気調査の料金体系は
正直な話、浮気調査を探偵事務所に依頼する際にはこれと言った相場はありません。
高ければ信頼度が確実上がるという話でもありませんし、安くても確実な仕事をしてくれる探偵事務所もあります。
ただし、料金体系については大まかに決まっております。
多くの探偵事務所では、「調査員1名1時間につきいくら」という、ハル探偵社・HALのような料金体系をとっているところが多いです。
事前に調査期間と時間を指定しておけば、ある程度の概算は付くでしょう。
例えば、調査員1名1時間につき6000円の探偵事務所に、1日5時間で1週間を調査期間として、2名の調査員を希望するのであれば、
6000円×5時間×7日×2名=41万円となりますが、これは平均から考えるとかなり高い印象です。

■単価に含まれているか確認すべきもの
最近の探偵事務所や興信所では、調査員の単価の中に全て内包されているケースが多いです。
依頼者もお金に余裕がある人ばかりではなく、追加料金が発生すると困る人もいますし、何かにつけて追加料金が発生すると会計が不明朗だとの批判があるため、最近では明朗会計にしています。
単価に含まれているかを確認すべき項目は、基本料金、各種機材の料金、車両料金、経費、報告書料金などです。
車で追跡できる範囲では追加料金はかからない場合が多いですが、ターゲットが新幹線や飛行機を使うとそれを追跡するため、新幹線代や飛行機代が追加されることがあります。
その場合でも、事前に依頼主に了承を得てから行なうのが、明朗会計の探偵事務所です。

■見積もりをとろう
どの業界でもそうですが、探偵業界でも事前の見積もりを取ることが重要です。
着手金や成功報酬については、単価に含まれていないことが多いので、それを含めた見積りをとりましょう。
しかも1社だけではなく、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です