探偵や興信所はばれたら最後

探偵や興信所は、浮気や不倫といった身近な問題も引き受けてくれます。
むしろ、探偵や興信所に持ち込まれる依頼の中で最も多いのが、不貞行為に関する相談なのです。
つまり、不貞行為に関する依頼は稼ぎ頭でもありますので、探偵や興信所に力が入ってしまうのも無理はありません。
ただし、いくら力が入っていても最低限気を付けていることがあります。

■ばれてしまったらアウト
それは、ターゲットに浮気や不倫の調査をしていることがばれてしまうことです。
例えばターゲットを尾行しているときに、いきなり走り出したりまかれたりした場合は、追跡調査をしていることがばれている可能性が高いです。
もしターゲットにばれてしまったら、ターゲットが浮気や不倫をしているかどうかを知ることはできないでしょう。
それで済めばまだいい方で、ターゲットが依頼人の目星をつけていたら最悪です。
自分が浮気をしているのは事実で、どうやら配偶者はそれを疑っているようだとターゲットが勘づくと、探偵や興信所に浮気調査の依頼をしたのが配偶者であることがばれてしまいます。
探偵に後をつけられていい気分のする人はまずいませんので、依頼人であるパートナーとの関係は悪化するでしょう。
依頼人としてはただ浮気があるかどうかだけ知りたい、仮に浮気があったとしても離婚はせずに不倫相手と別れてくれれば不問に付すつもりでしたが、ターゲットとの関係はこじれて離婚訴訟という可能性も否定できません。
探偵業法により、依頼があれば尾行などの調査をしても構わないことになっていますので、ターゲットと探偵や興信所との間でトラブルが起きることはまずありません。
ただし、面白くないのは依頼者です。
自分としては落ち度が全くないのにもかかわらず、探偵の不手際で家庭崩壊の危機に瀕しているのですから、「約束が違う」と依頼主と探偵の間でトラブルに発展することは十分に考えられます。

■ばれたらターゲットはどうするか
そこまで勘の優れているターゲットはさほど多くはありませんが、何か後をつけられている感じがすると気づくターゲットはいるでしょう。
ただし後はつけられていても、それが浮気や不倫の調査だとは気づいていない場合もあります。
とはいえ、探偵や興信所の調査員に後をつけられていることに気づけば、ターゲットの行動に変化が出るのは想像に難くありません。
不倫相手と会うのにも細心の注意を払うようになりますし、そんなリスクを冒さずにほとぼりが冷めるまで浮気や不倫を控える場合もあります。

■「ばれても調査続行」の依頼は受けない
もっとも、それが浮気や不倫の抑止力になればいいと考えている依頼者もいなくはありませんが、ばれることで真実を究明することはできなくなってしまいます。
ばれることが抑止力になるとは考えておらず、仮にばれても調査を続行してほしいと考えている依頼人もいなくはありません。
とにかく浮気があるのかないのかをはっきりとさせたい、あるいはせっかくお金をかけたのでもったいないからという理由で、調査を続行する人もいます。
もし、ターゲットがかなりの用心深い人物であることを知っている依頼人であれば、探偵や興信所が失敗することも念頭に置くべきです。
その上で、万が一ばれてしまった場合の対応やお金の取り扱いについて、しっかりと質問しておくといいでしょう。
探偵側としても、ばれていることが分かっていながら調査を続行するのはあまり好ましいと思っていません。
どんな腕利きの探偵や調査員であっても成果をあげられる可能性は低いですし、全てがばれてしまえば最悪調査員が逮捕されてしまう可能性も否定できません。
よって、「ばれても調査を続けて」等依頼に対しては断りを入れる業者が圧倒的です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です