浮気調査を安くするには

探偵や興信所に浮気調査を依頼すると、高くつくことは何となく想像がつきますよね。
頭ではそう分かっているつもりでも、やはり多額のお金を払うのは惜しいもの。
探偵や興信所へ支払う費用を最低限に抑えるためには、どのようなことに注意を払えばいいのでしょうか。

支払総額を念頭に置いておく
探偵事務所や興信所によって調査にかかる費用は異なります。
できるだけお金を節約しようと考えると、まずは初期費用が安い所を選ぼうとします。
開いてもそういった利用者心理を理解しており、ホームページの目立つところにデカデカと安い料金を掲載して、安さをとにかくアピールしています。
そんな誘い文句につられて契約してしまうと、あとで後悔してしまう可能性が高いです。
完全なパック料金制度をとっている業者でしたら、最初に支払う費用以外の金は一切発生しませんが、後日精算という形をとっている業者ですと、初期費用に追加費用を加えて精算します。
追加費用が初期費用よりはるかにかかるということもありますので、必ず見積もりを取って総額がいくらかを聞いておきましょう。

損して得取れ
最も簡単な節約方法は、調査にかける人員や車両の数を減らすことです。
確かにこの方法でしたらコストダウンは簡単ですが、望む成果が得られない可能性が高くなります。
人や車の数が限られますと、尾行しているときにターゲットに「いつまでもついてくるなあ」と勘づかれてしまう可能性が高くなります。
また、ターゲットが電車や飛行機を使って全国を飛び回るような人の場合、それを少数の人数で追跡するのはまず不可能です。
ホテル街は入り組んだ裏路地に多いものですが、そんな道には車よりかえってバイクの方が小回りが利いて適しています。
しかしお金をここでケチってしまうと、細い路地でターゲットを見失う可能性が高いのです。
もちろん、不要なほどに多くの人員や車両を割いてぼろ儲けをたくらむ業者もいるかもしれません。
ただし、人員や車両の数には理由があるはずですので、面談の段階でそこは質問して疑問を解消しましょう。

■業者もちか、依頼者もちかを明確にする
浮気調査をしていると、様々な名目でお金がかかりますが、それら全てを雑費としてどんぶり勘定しているような業者には、依頼しないのが賢明です。
費用項目に関しては、業者側が持つ(費用に含まれている)のか依頼者が持つ(別途請求される)のかをはっきりしておきましょう。
一般的には、移動に関する費用や、ターゲットが飲食店に入った際の尾行のための飲食費、出張備考の際の宿泊費、消耗品、車両費は依頼者が持ちます。
通信費や機材費、現像費やDVD作成費、報告書作成費、証拠写真費などは業者持ちとなるのが一般的です。

パック料金も検討しよう
業者の中には、パック料金制を採用しているところもあり、追加料金を極力発生させたくない人にとっては便利なシステムです。
所定の条件であればそれ以上の料金がかかりませんので、その条件に合致すれば調査期間が延びても追加料金は発生しません。
なんとなく浮気調査が長期間かかりそうだなと思ったら、パック料金も考慮してみましょう。
ただし、思いのほか短期に終結しても払い戻しはありませんので注意しましょう。

調査期間を短縮するのがベスト
節約の最短ルートは、調査期間を短縮することです。
不貞行為は何度も確認する必要はなく、一度確認すればそれで十分です。
不貞行為を行なう日時にある程度の目星がついていれば、その日時に人員と車両、機材を集中的に配置することで解決の可能性が高くなります。
そのためには、依頼者がパートナーの行動を常日頃から気にかけて、怪しい日をリストアップすることです。
そして、勝負の日に人員と車両、機材を集中的に配置できる余裕のある業者を選びましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です