風俗で働く女性が増加している理由

最近、風俗にかかわる女性が増えているということですが、一体その理由は何なのかを今回は見ていきます。

理由その1:将来の夢のための資金稼ぎ
まずは、「将来の夢のための資金稼ぎ」として、風俗を選ぶケースです。
彼女たちの多くは、大学生や専門学校生、そして大学院生などの学生です。
文部科学省の調査によりますと、何らかのアルバイトをしている学生は7割以上に上ります。
経済的な理由で親からの仕送りが少なくなっている昨今、生活資金として、そして将来の夢のためにアルバイトをしている学生は少なくありません。
かつて、大学生などのアルバイトといえば塾講師や家庭教師が定番で、コンビニエンスストアやファミリーレストランでのアルバイトも定番でした。
しかし最近では、それに割って入る形で風俗をする女子学生が増えているというのです。
実は、女子学生にとって風俗は向いているともいえるのです。
まず、「プレミアム感がある」ということでしょうか。
「風俗嬢が大学に通っている」と聞けば、世の男性たちは「頑張っているんだな」と思い、ついつい応援したくなってしまいます。
他にも、風俗のお仕事は効率的なのも、学生にとってはうれしいところ。
日中は学生生活にいそしんで、夜の短時間に風俗で1万円程度を稼ぐ。
時間も効率的に使えます。
そんな彼女たちは、対応はプロ顔負けですが「仕事」とプライベートは完全に分けていて、目標としている金額が貯まったらあっさりと辞めてしまうのも特徴的です。

理由その2:生活資金のために
次に、生活資金のために風俗を始めるケースです。
このタイプは、前述した女子学生はもちろんのこと、社会人や主婦まで幅広く存在します。
風俗嬢が働く理由として男性が最も連想しやすいのが、このケースではないでしょうか。
生活資金を稼ぐためにWワークをしている人も少なくありませんが、夜の部のお仕事として風俗を選ぶ人が多いです。
例えばアパレル系で働く20代前半女性の場合、月収が17万円強と平均と比べても1万円以上低いのにもかかわらず、その中から自社アパレルの福を仕事着として自前で購入しなければなりません。
これでは生活が立ち行かなくなってしまうので、風俗でお金を稼いでいるわけです。
このタイプの女性風俗嬢の特徴としては、まず真面目ということがあります。
生活のために風俗をしているので、トラブルがあったり性病にかかったりしては死活問題。
そんな彼女たちは、性病対策も怠らずにお店が「指定」した流れを一通りこなしてくれます。
そして、長期間働いてくれるのも大きな特徴で、学生ならば在学中、借金の返済のためならば完済するまでと、一定期間は働いてくれます。
特に主婦の場合、慢性的な生活資金不足に陥ることが多く、かなり長期間働く可能性が高いです。

理由その3:実はこういう仕事が好き
そして、実はこういった仕事が好きという人も中には存在します。
いわば「プロ」ですが、このタイプの風俗嬢の特徴は以下のような感じです。
まず、サービス精神が旺盛ということです。
前の2つのタイプは完全にビジネスとして風俗を行なっていますが、このタイプの風俗嬢は実益はもちろん「趣味」も兼ねています。
相手を気持ちよく刺せるだけでなく、自分も気持ちよくなることを望んでいるので、おのずとサービス精神旺盛となるわけです。
そんな彼女たちは、比較的高級な風俗店に在籍する傾向がありますが、お金が理由ではありません。
高級店にはステータスの高い男性客も来店し、そういった男性は多くの女性経験があると推測されるため、風俗嬢自身も快感を得ることができるのがその理由です。
そして、もともと好きなので長期間にわたって在籍するのも大きな特徴です。