ダブル不倫の理由と慰謝料

未婚男性と未婚女性が恋に落ちればそれは「自由恋愛」ですが、未婚男性と既婚女性、あるいは既婚男性と未婚女性が恋に落ちればそれは「不倫」となります。
昔でしたら「不義密通」で打ち首ものですが、今では不倫に対する精神的なハードルがかつてより下がっている印象があります。
それは、ドラマ「失楽園」や「昼顔」のヒットを見れば何となく想像できますね。

■ダブル不倫の理由
そしてもう一つ、夫婦ではない既婚男性と既婚女性が恋に落ちると、それは「ダブル不倫」となります。
ダブル不倫をする理由は実に様々です。
「未婚者、あるいはバツイチ独身だと思って付き合ったら実は既婚者だった」というようなケースもありますが、実は不可抗力以外の理由でダブル不倫をしているケースも見られます。
それは、「都合のいい関係」という理由です。
まず、ダブル不倫をしている当事者は、両方とも仕事を持っているケースが多いです。
お互いに結婚しているとなかなか空き時間を作るのが大変ですが、仕事をしていると仕事の合間のお昼休みなどがいい時間ですので。
ダブル不倫の関係に終わりが来ても、後腐れなく別れられるというのも、ダブル不倫のメリットでしょう。
例えば既婚男性と未婚女性の不倫では、多くは既婚男性の方から別れをくり出、しそれに納得いかない女性がなかなか別れてくれない、既婚男性の家に乗り込んで修羅場になるということがあります。
一方でダブル不倫であれば、別れた後もお互いの家に戻ればいいだけですし、互いに無用なトラブルは起こしたくないので相手の家に乗り込むなんてこともありません。

■ダブル不倫カップルの配偶者にばれてしまったら
ただしこれは、ダブル不倫をしている当人同士の話であり、その配偶者が絡んでくると普通の不倫以上に話がややこしくなります。
例えば「A男さんB子さん夫婦」と「C男さんD子さん夫婦」がいて、A男さんとD子さんがダブル不倫の関係にあったとします。
これで見つからずに別れられればいいのですが、B子さんやC男さんの一方、もしくは両方にダブル不倫をしている事実がばれてしまったらどうなるのでしょうか。
B子さんですが、C子さんから慰謝料を請求できるのはもちろんのこと、夫であるA男さんからも慰謝料を請求できます。
A男さんとB子さんが離婚が確定的という状況であればそれでもいいのですが、この夫婦がまだやり直す気があるのであれば、事情は変わってきます。
A男さんに慰謝料の請求してそれが手元に入ったとしても、家庭内のお財布の金額が増減するわけではありませんので、A男さんへの慰謝料請求をせずにD子さんのみに慰謝料の請求をするのが一般的です。
B子さんが仮にD子さんに慰謝料請求をするとなると、困ってしまうのがC男さんです。
C男さんもD子さんに慰謝料請求する権利がありますが、婚姻関係を継続させるとするならば、D子さんには慰謝料請求はしません。
しかし、B子さんから慰謝料請求をされると家計が困ってしまいますし、精神的にも納得がいきませんので、それと同額もしくはそれ以上の慰謝料請求をA男さんにします。
こういった場合、B子さんの主張は通らずに泣き寝入りというパターンが多くなっています。

ダブル不倫の終わりどき
ダブル不倫が終わりを迎えるのは、ばれたときだけとも限りません。
そもそもダブル不倫は通常の不倫とは異なり、互いが結婚することを前提としていません。
都合がいいので、何かきっかけがあればいともあっさりと終わりを迎えるのです。
「飽きた」という理由や「自分の家庭に害が及びそうになったらやめる」という意見が多いです。
また、ダブル不倫ならではの理由として、「子ども」があります。
特にダブル不倫の女性側にその傾向が強く、高齢出産の最後のタイミングを逃すまいと、不倫関係を清算するケースが多いです。