車を見て分かる不倫の見破り方

不貞行為を行なう際、行なっている本人にとって便利なツールが「車」です。
車があれば遠方の不倫相手とも会うことができますし、目につきやすい繁華街ではなく郊外で逢瀬を重ねることもできます。
不倫を疑っている配偶者からしても、車を使われると尾行などがしにくいためかなり難敵と言えます。
しかし、実は不倫の頼もしいパートナーである車そのものこそ、不倫を暴くのにはもってこいなのです。

どうやって車のチェックをするか
車には、不倫相手の証拠が残っている可能性が高いため、車を調べれば不倫の動かぬ証拠も出てくる可能性があります。
そのためには車を捜索する必要があるのですが、問題は何と言って車をチェックさせてもらうかです。
普段車に興味がない人が「車が面白そうだから車を見せて」と言っても、ターゲットはかえって警戒することでしょう。
それならば「チョット車の掃除するから」というのを口実に車内の捜索をすることも十分に考えられますが、これもターゲットに怪しまれる可能性が高いです。
結論からいうと、黙ってこっそりと車内の捜索はするに限ります。
ただし、車内捜索をした後の証拠隠滅はしっかりと行なっておきましょう。
不倫の証拠を何とか探そうと車内をあちこち引っ掻き回すのはいいのですが、引っ掻き回した挙句にそのまま放置してはいけません。
「誰かが車の中をいじった」とターゲットに疑念を持たれて、喧嘩の種となりますので。
車内の捜索をする際には、まず車内の小物の位置をしっかりと確認しておきましょう。
デジカメなどで撮影しておくといいでしょう。
撮影してデータが残れば、そこから車内の捜索をします。
特にダッシュボードやサイドポケットには細かいものがいろいろ入っていますので、捜索した後は元あった位置に戻しておくのを忘れずに。

車内捜索のチェックポイント
車内捜索をする際、浮気の痕跡をやみくもに探しても意味がありません。
浮気の痕跡が残りやすいチェックポイントを重点的に探すべきです。
まずドアを開けたとき、車内に女性ものの香水の香りがするかをチェックしましょう。
家族以外の人が車に乗ると、普段とは異なる香りがするものですので、結構有効です。
また、ターゲットが禁煙者で浮気相手が喫煙者であれば、車内にこれまではなかったたばこのにおいが充満していることでしょう。
警察犬のごとく鼻を十分に利かせて捜索に臨みましょう。
タバコを吸っているのであれば、車の灰皿もチェックしてください。
普段見かけないたばこの吸い殻があれば、それはクロの可能性もあります。
次は助手席のヘッドレストや背もたれ部分をチェック。
浮気相手が女性ならば、ヘッドレストや背もたれに長い髪の毛がついている可能性もあります。
助手席に座ってみて、普段自分が座っているときとシートの位置が変わっているようであれば、誰か自分以外の人が助手席に座った可能性を疑ってください。
カーナビもチェックしてみましょう。
カーナビには車の走行履歴が地図上に記されている場合もあり、普段走らないような場所に走行履歴が残っているようですと、それは不倫ドライブの可能性があります。

車の掃除済みの場合
しかしターゲットもさるもので、車内を掃除されてしまってはこれらの痕跡を見つけ出すのはさほど期待できません。
しかしがっかりするのはまだ早いです。
よほどのきれい好きならば毎日のように車を掃除しますが、普通の人は車が汚れたか何らかの痕跡を隠すために車を掃除します。
特に後者の理由であればそれは浮気の可能性が高いので、車内の掃除をした直前に不倫行為をしたことが推測されます。
長期戦にはなりますが、いつどれくらいの頻度で車内の掃除を行なうのかチェックして、次の不倫の予定日に「当たり」をつけてみましょう。