浮気証拠を見つけるための車の探し方2

車の中で最も不貞行為の証拠が見つかりやすいのは、フロント部分です。
特にダッシュボード周辺や助手席などに、その痕跡が残っている場合が多いのですが、ターゲットもそれは十分に承知していますので、念入りに掃除をしていることでしょう。
フロント部分から証拠が見つからなくても、あきらめるのはまだ早いです。
それ以外にも車から浮気や不倫の証拠が見つかる、そんなポイントがあるのですから。

カーナビをチェック
昔、遠出をするといえば紙の地図を持って助手席に座っている人が道案内をしたものでした。
不倫や浮気をするというのに、助手席に座っている不倫相手にそんなことを指せるのは気が引けるし、万が一相手が道を間違えたらとても気まずい雰囲気ですよね。
しかし最近では、カーナビを搭載している車が多くなっており、助手席の不倫相手の人が道案内をする必要がありません。
余計な仕事が減る分だけ2人の愛はさらに深まる、カーナビにはそんなメリットもあります。
便利になるカーナビにはそれだけ依存度も高くなりますが、それだけに痕跡も残りやすいです。
カーナビには以前走った走行ルート、そして依然検索した目的地などの情報を記録しておく機能があります。
それが普段あなたも知っているルートならばいいのですが、普段行かないような目的地を検索していたり、実際にそのルートを走行していたりしていると、かなり怪しいです。
開いてもそのあたりは承知しており、不倫行為をした後はそういった履歴を一切消去する人もいますが、わざわざ消去するのは明らかに怪しいですよね。
もし不倫の予定などに目星がついているのであれば、その直前にあえてあなたが履歴を消去しておく手もあります。
その直後に不倫に出かけたとすれば、「不倫ルート」のみが履歴にしっかりと残ることとなります。

ETC履歴もチェック
かつては高速道路のチケットが浮気判明の糸口となっていたのですが、現在ではETCの普及によりその痕跡は少なくなっています。
ただし、ETCカードにも浮気や不倫の痕跡が残っていることが多いです。
ETCカードを利用するためにはクレジットカードが必要で、クレジットカード経由で走行明細を確認することができます。
走行明細を見れば、ターゲットがいつどの料金所を通過したかが一目瞭然となります。
走行距離明細は、インターネットから見ることもできますのでホームページにアクセスしてみましょう。

ゴミ箱もチェック
ゴミ箱の中にゴミが入っていたら、そのごみは浮気を如実に語ってくれるでしょう。
車内で飲食をしたならばそのごみがありますので、普段ターゲットが飲食しないようなゴミが出てきたら、ターゲット以外の誰かが乗っていた証拠となりますし、それが女性が好きそうな飲食物であればなおさらです。
ここに浮気の痕跡が残りやすいのはターゲットも分かっていますので、真っ先に掃除することでしょう。
掃除をすれば痕跡はなくなっていそうですが、においまで気にしている人はいません。
メイク直しをした際のごみを捨てていれば、いくら掃除をしてもゴミ箱から化粧品のにおいはしてきますので、においもチェックしましょう。
また、ゴミ箱周辺は、ゴミ箱に入れたと思って入っていないゴミもあるかもしれません。

トランクルームは
運転中はあまり開け閉めすることのないトランクルームですが、そこも浮気の痕跡が残っているかもしれません。
例えば、浮気相手が聞いている音楽のCDなどをそのままダッシュボードにおいてはばれやすいし、かといって家に持ち帰るのも難しい状況となりますと、トランクルームに隠しておく可能性があります。
トランクルームに趣味のアイテムを置いておく人もいますが、例えば浮気が疑われるのに「釣りに行っていた」など言っていれば、トランクルームに積んである釣り道具をチェックしてみましょう。