携帯電話チェックの際の注意点とは

もしかしたらパートナーが浮気や不倫をしているかもしれない、そう考えたあなたが真っ先にとる行動は「パートナーの携帯電話をチェックする」でしょう。
かつて秘密のやり取りはパソコンを通じて行なわれてきましたが、今では携帯電話がその主流となっております。
浮気や不倫の跡が残っている可能性がある携帯電話をチェックするのは、浮気チェックの常とう手段ですが、チェックをする際には注意しておかなければならない点があります。

リハーサルを行なっておこう
何事もそうですが、いきなりぶっつけ本番で行おうとすると、想定外の出来事に動揺してしまうことも少なくありません。
動揺してしまうと時間がかかってしまい、パートナーがお風呂に入っている間に携帯電話のチェックを行なおうとしても、間に合わなかったということもあります。
本番での動揺を避けるためにはリハーサルが欠かせませんが、かといってパートナーの携帯電話でリハーサルを行なうわけにはいきませんよね。
本番で動揺しないように、まずは自分の携帯電話で練習をしておくといいでしょう。
もし自分の携帯電話とパートナーのそれがあまりに機能差があるようでしたら、パートナーの携帯電話と似たようなものを持つ友達などに協力してもらうといいでしょう。

決行のタイミングをいつにするか
携帯電話をチェックするのは、もちろんパートナーの同意をとって行うものではありませんし、パートナーは決して同意しないでしょう。
そのためには、なるべくパートナーが携帯電話から離れているタイミングを狙って行うのがいいのですが、最も考えられるのが、パートナーの入浴中。
しかし、特にパートナーが男性であれば思ったよりも入浴時間が短く焦ってしまった、そんな体験談もありますので、できれば就寝中などを結構のタイミングとするといいでしょう。
それ以外でも、ある程度パートナーが携帯電話からあるタイミングがあれば、その時間を大いに活用しましょう。

相手の名前は?
浮気をしているパートナーの携帯電話をチェックしても、浮気相手の名前がそのまま携帯電話の電話帳に登録されているとは限りません、というよりもその可能性はほぼないでしょう。
偽名や社名、あるいはニックネームなどで登録されている可能性がありますので、登録名から割り出すのは容易ではありません。
そこで、次に調べるのは履歴です。
電話の通話履歴やメールの送受信履歴などをチェックして、怪しいと思った登録名に目星をつけます。
参考までに、偽名を使う際には浮気相手と同性の別の名前を使う傾向があります。
例えば浮気相手が「太郎さん」ならば「靖夫さん」、浮気相手が「花子さん」だったら「小百合さん」といった感じです。

調べた証拠は消しておこう
携帯電話をチェックしている際にはなかなか心を落ち着かせることはできず、高揚している精神状態になるでしょう。
そんな精神状態ですと、日頃は保てている平静さが保てなくなる恐れがあります。
パートナーがいなくなるや急いで携帯電話を手に取り、調べ始めてはいけません。
まずは携帯電話が置かれている向きをしっかりと確認して、調べ終わったら元あった向きにしっかりと置きなおすくらいのことをしないと、調べたことがばれてしまいます。
スマートフォンの捜査では自分の指紋がついてしまいますが、かといって指紋をふき取るようなことをしては「触りました」と言っているようなものです。
指紋を付けずにスマートフォンを調べるためにも、画面はタッチペンなどを使って操作すると指紋がつきません。
しかし、いくら証拠が残らないように調べたつもりでも、用心深く疑り深いパートナーですと「携帯電話に触った?」と聞いてくる人がいます。
そんなときには、ばれないような言い訳をあらかじめ考えておきましょう。