携帯電話による浮気チェックで使える機能やソフト

携帯電話に残されている浮気の痕跡の種類は
携帯電話スマートフォンには浮気や不倫の痕跡が残っているとよく言われますが、どんなデータが残されているのでしょうか。
まずは「メールの送受信」です。
気軽な連絡ツールとして活躍するメールですが、携帯電話を使って送受信をすると、その相手と日時、場合によってはメールの内容までわかってしまいます。
履歴で言えば、電話の着信や発信の履歴も忘れてはいけません。
やはり、浮気相手の声は聞きたいものですので、この履歴から浮気の痕跡をたどることができます。
最近増えているのがLINEやFacebook、TwitterなどSNSです。
特にLINEは、これでメールのような文字によるコミュニケーションができるだけでなく、インターネット回線を使った通話もできますので、電話回線を使った通話履歴を残さなくても会話ができます。
これらSNSの履歴をたどるためには、インターネットの閲覧履歴を探るのがいいでしょう。
いつどんなサイトにアクセスしたか、それが分かるだけでも浮気の確信は高まるでしょう。
浮気相手と撮影した写真や動画なども、携帯電話に不用心に保存されているかもしれません。

パスワードのロックを解除する
まず最初の関門は、携帯電話本体にかかっているパスワードロックです。
これを解除しない限り先に進めませんので、あらかじめパートナーがロックを解除しているのを盗み見たり、スマートフォンでしたら画面に残っている指紋をチェックすることで、どの数字を押したのかはある程度推測できます。
そんな隙を見せないパートナーでしたら、解読は難しくなりますが不可能ではありません。
まずはパソコンを用意してから、携帯電話のデータをパソコンに移すためのソフトとUSBケーブルを準備します。
準備ができたら、ソフトをパソコンにインストールして携帯電話とパソコンをケーブルでつなげば、パスワードの解析ができるでしょう。

メール転送
時と場所を選ばずに行えるメールは、浮気や不倫にとって都合のいいアイテムですので、これを見られれば証拠も押さえられる可能性が高まります。
メールの情報は非常に有益なものが多く、不倫の約束日時などが分かったり、添付ファイルに写真があったりなど証拠となりそうなものが豊富です。
通常、メールを見つけたら書き写したり写真撮影をしたりしますが、書き写しではメールに添付された写真は残せませんし、写真撮影は意外と鮮明に撮影できないものです。
そのためには、パートナーに送られたメールを自分のところに転送してもらうのがいいでしょう。
携帯電話の中には、メールボックス内のメールをそのまま自分の携帯電話やパソコンに転送できる機能があります。
パートナーの携帯電話を手にとってパスワードロックを解除したら、メール転送の操作を行ないましょう。
写真が添付されている場合には、容量の問題からパソコンに転送した方がいいでしょう。
ちなみに、転送を行なったら、ターゲットの携帯電話の履歴から転送の痕跡を消し去ることは忘れないでください。

■データをコピーする
メール以外にも、インターネットの履歴やボイスレコーダーの録音内容など、浮気や不倫の証拠となりそうなものはたくさんありますが、これはメール転送ができません。
これらのデータもほしいのであれば、携帯電話のデータをパソコンなどにコピーするほかありません。
パスワードロックの際に登場した「携帯電話のデータをパソコンに移すためのソフト」が、ここで再び活躍します。
このソフトは単なるパスワード解析ソフトではなく、携帯電話のデータを保存したり管理することを目的としたものです。
利用方法はパスワード解析の際と同様ですので、パソコンなどにデータをコピーしたらゆっくりと精査するといいでしょう。