不倫相手の主張とその対策

例えば、旦那さんが不倫をしても奥さんには離婚する意思はなく、何とかやり直したいと思っている以上、同じ財布である旦那さんから慰謝料をとっても何の意味もありません。
そうなると、奥さんが慰謝料を請求する相手は不倫相手の女性となりますが、誰しも慰謝料を支払うのは嫌なものです。
不倫相手の女性は様々な言い訳をつけては慰謝料を拒絶するでしょうが、今回はその言い訳とその対抗策について見ていきましょう。

■旦那さんの方から誘ってきた
不倫においては、どちらが誘ったかというのは結構大きなポイントなのですが、「旦那さんの方から誘ってきたんだから、私には慰謝料を支払う義務がない」と言ってのける女性がいます。
「うちの旦那が誘ってきたならばむしろ悪いのは旦那の方かな」と、女心の分かる奥さんならば納得しそうですが、こと不倫に関してはそんな言い訳は通用しません。
最高裁判所の判例(昭和53年3月30日)に、以下のような記述があります。
判例の分は難解ですのでかみ砕いて説明しますと、
「どちらが誘ったかとかは関係なく、そこに故意または過失がある限りは不倫には違法性があり、慰謝料を支払う義務がある」
となっています。
「旦那さんの方から誘ってきた」と主張する不倫相手の女性に対しては、判例を持ち出して「そんなの関係ない」と突っぱねましょう。

旦那さんが既婚者だと知らなかった
前述の判例で、
「どちらが誘ったかとかは関係なく、そこに故意または過失がある限りは不倫には違法性があり、慰謝料を支払う義務がある」
とありますが、「故意」とは相手が既婚者だと知っていて不倫をしていた場合、「過失」とは自分の不注意で相手のことを既婚者だと知らなかった場合です。
「旦那さんが既婚者だと知らなかった」というのは、つまり自分は故意でも過失でもありませんと言っているようなもので、この場合奥さんがとるべき戦術は、いかにして相手の「過失」を認めさせるかです。
例えば、旦那さんの年齢が18歳で、世間一般的な感覚では独身でもおかしくない年齢であれば、過失がなくても仕方ありません。
しかし、旦那さんの年齢が30代以上であれば、世間一般では既婚者でもおかしくはありませんので、不倫相手の女性が旦那さんを既婚者かどうかを確かめずに不倫関係を持ったことは、「過失」に該当します。
よって、「あなたがうちの旦那を既婚者かどうか確かめなかったのが悪いんだから、慰謝料払ってよ」と切り込んでみてください。

婚姻関係は破たんしていた
最高裁判所の判例(平成8年3月26日)の判例には、
「婚姻関係が破たんした後に行われた不倫に対しては、不倫相手に対して慰謝料を請求できない」
旨の記述があります。
この判例を知っていた不倫相手の女性は、すでに奥さんと旦那さんの婚姻関係が破たんしていることを根拠に、慰謝料の支払いを拒絶するかもしれません。
この手に対して、奥さんはどのような反撃を打てばいいのでしょうか。
反撃の手で最も有効なのが、「婚姻関係が破たんしていないことを証明すること」です。
そもそも、婚姻関係が破たんしている状態とは、法的に離婚をした状態か、離婚を前提として別居をしている場合です。
後者をすでに夫婦間で行っているとすれば、奥さんとしては厳しい立場ですが、夫婦関係がうまくいっていないながらも同居していれば、婚姻関係が破たんしているとはいえません。
例外があるとすれば、同居しているにもかかわらず何年も性交渉がない、会話もなく寝室や食事も別というような状態に該当する場合です。
「旦那さんから妻とはうまくいっていないと聞いている」と不倫相手が主張して来たら、定期的に性交渉がある、家族で遊びに行くなどを持ち出して相手の主張を切り崩しましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です